梨状筋症候群と運動不足は関係ありますか?

梨状筋症候群と運動不足は関係ありますか?

梨状筋症候群と運動不足は関係ありますか?

 

運動不足は、梨状筋症候群の最大の原因です。

 

運動不足になればなるほど、
筋肉に負担が入るようになってしまい、
梨状筋症候群が発生するようになりますよ。

 

運動不足の状態というのは、
筋肉がまったく動いていない状態です。

 

筋肉は動かさないでいると、
どんどん固まってしまうようになり、
負担が入るようになりますよ。

 

 

特に体を支えるための
深層部分の筋肉に対して、
負担が入るようになります。

 

梨状筋は骨盤をがっちり固定するための
深層部分の筋肉です。

 

運動不足になれば、
真っ先に負担が入るようになり、
強い症状が出てくるようになります。

 

運動を行っていれば、
あまり固くなるような筋肉ではないですが、
運動不足だとすぐに症状が出てきてしまいます。

 

 

運動不足でデスクワークを行っている方だと、
特に梨状筋症候群が出てくるようになってしまうので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

何もしていないのにしびれが出てきたり、
ひどい腰痛が出てくるようになります。

 

原因不明の形で出てくるので、
患者さんが困ることが多いです。

 

運動不足になってしまうと、
筋肉に対してさまざまな症状が出てくるので、
特に注意していただきたいと思います。

 

40代前後の患者さんほど、
痛みが出やすくなりますよ。

 

ウォーキングでも大丈夫ですし、
ラジオ体操のような運動を行うと、
症状を回復することができます。

梨状筋症候群でお困りの方へ