梨状筋症候群にダンベル体操は効果的ですか?

梨状筋症候群にダンベル体操は効果的ですか?

 

梨状筋症候群の症状が出ているとき、
ダンベル体操は有効になります。

 

あくまでも一般的な梨状筋症候群に対してですが、
筋肉を柔らかくすることができます。

 

筋肉をつけるようなイメージではなくて、
筋肉を動かしてあげるイメージ、
しっかりと動かしてあげるイメージで行うと、
症状が回復していくようになります。

 

筋肉は動かすと柔らかくなりますが、
過剰に動かすと硬くなる性質があります。

 

一般の方は「トレーニングする」「鍛える」
というイメージをお持ちになられますが、
トレーニングする必要はありません。

 

筋肉を柔らかくしてあげること、
筋肉の運動不足を解消してあげること、
これが梨状筋症候群回復の大きなポイントとなります。

 

 

病的なものや神経障害など、
病院の治療が必要になる場合は、
行わないようにしてください。

 

病的な患者さんが、
ネットでトレーニングが効果的、
という情報を掴んで実践されることがあります。

 

病気で発生している梨状筋症候群と、
筋肉由来の梨状筋症候群は、
まったく原因が異なります。

 

症状が悪化する可能性も高いですし、
負担になってしまうことも多いので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

負担が大きくなってしまうと、
強烈な痛みが起こるようになりますから、
病気の方は、ダンベル体操は避けてくださいね。

梨状筋症候群でお困りの方へ